2010年05月20日

<COP10>「10月に名古屋」覚えて 地元の認知度7割(毎日新聞)

 名古屋市で10月に開かれる生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)について、名古屋商工会議所が会員企業に聞いたところ、開催時期と開催地をともに知っている企業は69.1%にとどまった。COP10を支援する名商は「地元開催なのに認知度が不十分」として、7月までに説明会を開くなどして企業の関心を高める。

 名商が17日に結果を公表した。調査は名古屋市に本社を置く会員企業2150社を対象に3月中旬から4月中旬にかけて実施し、29%にあたる638社から回答を得た。

 COP10の開催時期、開催地の「どちらか一方を知っている」と答えたのは21.8%、「どちらも知らない」は9.1%だった。「生物多様性」については「かなり知っている」と「ある程度知っている」の合計が45.1%で、「あまり知らないが、これから知ってみたい」や「あまり知らない」の合計53.6%を下回った。【工藤昭久】

漁船転覆で1人不明=タンカーと衝突の疑い−石川(時事通信)
<紙幣ばらまき>男性が東名阪道で 280万円回収(毎日新聞)
割安補修で遊び場確保を=遊具事故防止に事例集―消費者庁(時事通信)
B型肝炎 救済策提示見送り 政府、きょう和解協議入り表明(産経新聞)
内閣支持率19.1%「国民がいらだちを強めておられる」(産経新聞)
posted by シシクラ エイイチ at 02:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。